FC2ブログ

コアガラスの器ー佐藤透

バーナーワークに役立つ5つのヒント・2

DSC01134.jpgDSC01143.jpg

その4◆作業台の高さを調整
作業台とイスの高さを最適にしましょう。
イスに腰かけて脇を軽くしめて手を胸の高さまで持ち上げた位置にバーナーの炎の先の当たりがくるように作業台の高さを変えます。たいていの人が今まで使っていたものに比べてぐっと低い位置に作業台がくるのではないでしょうか。
こうすると身体に無理がかからず長時間の作業に耐えられます。
イスの高さも足がぐっと踏んばれる高さのものを選ぶと良いでしょう。

その5◆姿勢
体の軸を立てることを意識しましょう。
背筋をぴんと伸ばして頭のてっぺんから一本棒が通っているように姿勢を起こします。腰が曲がると左手の位置も下がります。
同じように作っているつもりでも、すすがはいったりトラブルの原因になります。
また、首を横に傾けてのぞき込むようにしていると棒が傾いて、トンボ玉なら形が崩れる原因になります。
体の縦軸と左手に持つ鉄心やガラス棒軸が傾かないよう意識しながら制作します。
スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

佐藤 透

Author:佐藤 透
コアガラス作家

■ 年間スケジュール

2019年
3月 ギャラリーフクタ(玉川学園)
5月 ギャラリーカワモト(富山)
7月 日本橋三越(東京)
11月 横浜高島屋(横浜)

■ 展覧会

次回は3月16日からギャラリーフクタです。(町田市玉川学園)

■ 最新記事

■ カテゴリ

■ 閲覧者

■ facebook