コアガラスの器ー佐藤透

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北澤美術館でギャラリートークをしてきました

DSC_4734.jpg

DSC_4569.jpg

9月22日北澤美術館でのギャラリートーク40名以上のお客様が会場を埋めつくすなか午後2時少し前から始まりました。美術館学芸員の小林さんからの紹介の後「佐藤透です。コアガラスを始めて21年になります。
私は”月と六ペンス”を読んでから芸術家への憧れを漠然とふくらませてきましたが、ある時にガラスをやるんだと閃きガラス工芸家になりました。…」と話し始めました。
DVDやふだんお見せすることのない芯やトリ目箱、パーツなどを実際に手に取っていただきながらコアガラス技法についてお話ししました。
また、デザインや色使いについての私の考え方や背景など、少し照れくさい子供時代のことなども交えてお話ししました。
実際に道具やガラスに触れることで、この仕事の大変さを感じてもらえたように思いました。
30分の予定が45分にまで延びてしまい、みなさん立ったままでしたのでお疲れになった方もいらっしゃったと思います。
喜んでいただいているのが感じられてやりがいのあるものとなりました。みなさんありがとうございました。

当日取材に来て下さった長野日報の翌日の記事を掲載します。
DSC_4872.jpg
スポンサーサイト

 | HOME | 

■ プロフィール

佐藤 透

Author:佐藤 透
コアガラス作家

■ 年間スケジュール

2018年
3月24日〜4月3日
EN陶REZ(神戸)
7月21日〜9月3日
北澤美術館(諏訪)
10月後半
ギャラリー田中(銀座)
11月後半
悠遊舎ぎゃらりぃ(愛知県刈谷市)

■ 展覧会

次回は7月諏訪の北澤美術館です。

■ 最新記事

■ カテゴリ

■ 閲覧者

■ facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。