FC2ブログ

コアガラスの器ー佐藤透

ガラスと道具 その4

DSC_5729hp.jpg

始めて吹きガラスをやった人は、手でガラスを触れたら作りたい形が作れるのにと思ったことありませんか。
では、同じように素材を回転させながら形をつくる陶芸のロクロだったら上手くできますか。これも難しいですね。
人の感覚は研ぎ澄ませていくと道具を介して触っているものの状態を理解できるようになります。
私の家は肉屋ででしたが、父から包丁の先に神経を働かせろとよく言われました。
バーナーワークでも道具を介して伝わってくる感じやガラスの色や動きの微妙な変化に神経を集中してみましょう。


スポンサーサイト

ガラスと道具 その3

DSC_6675S.jpg

オリジナルの色ガラスを作りましょう。
私は市販のガラスを使っていますが、その中の色を組み合わせてオリジナルの色を作っています。
色どうしを組み合わせて新しい色を作ったり
無色透明と組み合わせて色をうすくしたり
グレーや紫を混ぜてくすんだ色を作ります。
きれいな色だけでなく、くすんだ色を組み合わせて配色していくと深みが出ます。

2種類のガラス棒をマスキングテープでくくり、バーナーの炎でとかしながら混ぜて色棒を作ります。
一手間かけるとより良い作品が生まれます。


ガラスと道具 その2

DSC_6665s.jpg

私は市販されているバーナーワーク用のガラスを使っています。
日本では数社のバーナーワーク用のガラスが手に入ります。それぞれで色味や粘りが異なります。
膨張係数というガラスが熱せられた時に膨張する数値の違いが大きいと、冷めた後にガラスが割れてしまいます。
この違いは見た目では分かりません。ガラスどうしだからと違うメーカーのガラスを一緒に使ってはいけません。
同じメーカーのガラスでも色によって、クリスタルガラスかソーダガラスかの種類によってなど一緒に使えない場合があります。
分からない時はメーカーに問い合わせます。

ガラスと道具

「コアガラスの道具」の話を前に書きました。
今回はバーナーワーク初心者の人達向けに6話書きました。
重複するところもありますが制作の助けに、暇つぶしに読んで下さい。


DSC_6586-7s.jpg

「その1」
ガラスは無色透明なものと思っていませんか
では、色ガラスはどうやって作っているのでしょう。色ガラスはガラスの原料の中に(ガラスは自然の中からとってくるものではなくて人工的に作っています)含まれる酸化金属の化学反応で発色しています。使う金属でガラスの色が変わります。
ガラスは透明って誰れもが思いますが4500年〜5000年前に始めて作られた頃のガラスは不透明でした。
今は、半透明のガラスもあります。
透明、不透明、半透明、これらのガラスを上手に組み合わせて使ってみましょう。

バーナーワークに役立つ5つのヒント・暑さ対策

その1◆換気扇とダクト
ダクトの先に笠をつけて、バーナーの上につるします。
笠は扇形に切ったトタン板の辺と辺を合わせ、ダクトの径に合わせて三角部分を丸くカットします。
蛇腹のダクトはホームセンターで買えます。
ダクトの反対の端を換気扇まで伸ばし熱い空気を外へ出します。

DSC03740.jpgDSC03735.jpg


その2◆綿シャツ
Tシャツは通気が悪いので半袖シャツを着ます。
麻はあまり汗をすわないので、長時間作業を続けていると汗が冷えて寒くなります。

その3◆OS-1
経口補水液のOS-1は水分吸収がとても良いので制作時には欠かせません。
それでも塩分が不足しそうなときは脇に梅干しを置いておきます。

DSC03741.jpg


その4◆シソジュースや梅酢の炭酸割り
シソジュースや梅酢に入っているクエン酸でエネルギー補給します。これを炭酸で割るとスッキリしますし、炭酸は疲れを取るそうです。炭酸ガスがカートリッジで売られていて、専用のサーバーを使って家庭で作るときつめの炭酸もつくれますよ。

その5◆暑さに強いからだづくり
気温の上昇にあわせて我慢しながら少しずつ暑さに慣れていきます。温度差が体にこたえるのでエアコンは使いません。
外出する時は上にはおるものを持って行き冷房で体を冷やさないようにします。
疲れたら風通しの良い所で横になって寝ます。でもあんまりにも暑い時は図書館でクールシェアしています。
無理はなさらないように。

 | HOME |  »

■ プロフィール

佐藤 透

Author:佐藤 透
コアガラス作家

■ 展覧会

次回は3月16日からギャラリーフクタです。(町田市玉川学園)

■ 年間スケジュール

2019年
3月 ギャラリーフクタ(玉川学園)
5月 ギャラリーカワモト(富山)
7月 日本橋三越(東京)
11月 横浜高島屋(横浜)

■ facebook&Insta

■ 最新記事

■ カテゴリ

■ 閲覧者

■ 検索フォーム